« 2008年3月23日 - 2008年3月29日 | トップページ | 2008年4月6日 - 2008年4月12日 »

2008年3月30日 - 2008年4月5日

『六番目の小夜子』感想:そして、気付かぬうちに青春は終わる

※この記事は昨年書かれたものを加筆修正したものです。

恩田陸さんのデビュー作『六番目の小夜子』
映像化もされた有名な作品ですが、今回はその感想を。

 

個人的オススメ度は☆☆☆☆☆☆★(6.5/10☆)
個人的満足度は厳しめに☆☆☆☆★(4.5/10☆)

 

ともかくもまずは「サヨコ」という行事。この設定が面白い、素晴らしい。
何とも謎めいていて、興味を惹かずにはいられません。
だからその謎に引っ張られるように、どんどんと読んでいけました。読んでしまってました。

そんなもんだから最後に謎を残したまま終わったときには、「あれ?あれれ??」と、何だかもやもやした気分になってしまったのです。
もし解釈は読者にお任せする、ということだとしても、解釈する・・・判断する手がかりが少なくて、自分の頭では明快な答えが出せそうにもなくて・・・。
ここは読後感が悪くなって、満足度が低くなった点です。

 


ところで、これは意味のないことだとしても、本作をカテゴライズするとしたら何になるのでしょーか?

 

ミステリ?
ホラー?
ファンタジー?

自分は読む前に漠然とミステリかな?なんて思って読み始めたのですが、何やら超常現象っぽいことが起きたりする上に、そのミステリとしての謎の多くも明らかにされないまま。
だから繰り返しになりますが、この点から言えば、本っ当に個人的満足度は低いのです。
ですが全く面白くない!(`皿´)ってことにはなりませんでした。
その理由は、自分が本作を「青春もの」として捉えて、その上で一定の満足感を読了後に得られたからです。

本作の高校生たち、どうでしょう?
総じて大人しいというか優等生ですよね。
酒飲んで、タバコ吸ったりする奴もいますが可愛いものです。
まー、あんましリアルっぽくないって感じる人が多いかもしれないですが・・・。
でも、この高校生たちの人物描写と高校そのものの描写、自分の高校時代と結構被るとこがあって、そこに「青春」を感じちゃったんですよね。
自分も一応地方の公立進学校に行ってたもので・・・。

で、その「青春補正」で満足度の☆がいくつかかさ上げされました。

作中では、「青春」というか高校時代ってのは、「中途半端な端境の位置にあって」、「奇妙に宙ぶらりん」で、本当にいつの間にか気付かぬうちに 「自分たちの将来や人生が少しずつ定められて、枝分かれ」していって、気が付けば「『受験生』という囲いの中に追い込まれている」ことを知っちゃう・・・ そしていつの間にか「卒業」しているものだって表現されてますけれど、これって自分の実感なのですよね。
もちろん高校生の中には、未来をきちっと見据えた立派な人もいますけど・・・。

でもやっぱり、高校時代は、学校というものは、そして青春は特別で、あんなに仲良く毎日当たり前のように一緒にいた仲間や友人とは、「卒業」を境にして、もう二度とそういう風に付き合えない。
仲の良いままであっても、学校という中で、毎日毎日顔を付き合わせるようなことは無くなっちゃう。
そういう意味で、学校ってほんとに不思議で変なところだと思うのです。

んでもって、そのなんとも不思議な「学校」という場で過ごした日々-それはよく青春とか呼ばれる-ってのは、本当によく分からないものだとか思うのです。
社会の、世界のルールだとか仕組みだとか、とにかく色んなことが分からなくて、自分自身のことすら分からなくて、謎は残ったまま、そしてそのまま「卒業」していくものだと思って・・・。

だから『六番目の小夜子』でも、そうして謎は残ったまま終わっても、ま、それも「青春」よねっていう風に自分の中で割り切ったのです。
気付かないまま、分からないまま、終わっていく。卒業していく。
だから、不満!不満!不満!ってなことにはならずに、少しだけ満足することが出来たというわけです。

あとはちょっと期待しすぎたということでしょうか。その点で、満足度も低めになったということで・・・ここは米澤穂信さんの『愚者のエンドロール』と同じパターンです。
満足度に比してオススメ度が高いのは、恩田陸さんの本、とりあえず読んでみるならば、やっぱデビュー作でしょうということで。

いかかでしょう?


『六番目の小夜子』

個人的オススメ度:☆☆☆☆☆☆★(6.5/10☆)
個人的満足度:☆☆☆☆★(4.5/10☆)

六番目の小夜子 (新潮文庫) Book 六番目の小夜子 (新潮文庫)

著者:恩田 陸
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月23日 - 2008年3月29日 | トップページ | 2008年4月6日 - 2008年4月12日 »