« 『六番目の小夜子』感想:そして、気付かぬうちに青春は終わる | トップページ | 『殺戮にいたる病』感想:先入観の危うさ(ちょいネタバレあり) »

『冷たい密室と博士たち』感想:Why done it?(ネタバレあり)

森博嗣さんのS&Mシリーズ2作目となる『冷たい密室と博士たち』を読了致しました。

まず感想点ですが、ちょっと厳しめに

個人的オススメ度は☆☆☆☆☆☆☆(7/10☆)
個人的満足度は☆☆☆☆☆☆☆(7/10☆)

です。面白かったです。楽しませて頂きました。
以下、ネタバレがありますので未読の方はご注意を。


さて、S&Mシリーズの1作目であり、第1回メフィスト賞受賞作である『すべてがFになる』の解説に書かれていましたが、何でも『Fになる』よりも、こちらの作品の方が先に書かれたとか。
その意味ではS&Mシリーズの本当の意味での第1作となるのかもしれませんが、やはり森博嗣さんを知り、その著作を味わうのであるならば『Fになる』から読まれた方がいいかと。
あちらの方がトリックや物語の真相、そして登場人物のインパクトが大きいですので。

対してこちら『冷たい密室と博士たち』は、トリックなど、とにかくいたってオーソドックス。正統派な本格ミステリでした。
理系の知識が全然無くても謎が十分解けてしまうほどに、です(この点がちょっと満足度を下げたかも・・・)。

しかし登場人物が・・・犀川助教授と西之園萌絵が正統派なミステリから逸脱してるような・・・マンガ的なキャラとなってますので、彼らの会話といいますか、言い回しが苦手な人はやはり向かないかもしれません。自分は好きなのでその辺は大丈夫でしたが。
この犀川助教授や西之園萌絵を中心とした彼らの、ちょっと(いやかなり?)くせのある会話や言い回しを除けば、繰り返しになりまずが、本作は本当にいたって正統派な本格ミステリでした。

ミステリ好きで卓見のある方ならば、本作のタイトルと、中表紙の裏に描かれている、犯行現場「極地研」の案内図を見ただけで犯人像が想像できてしまうかもしれませんね。
何せタイトルに「博士”たち”」と書かれていますから・・・。
事務員の横岸さんや鈴村さんが、あるいは守衛の小川さんたちが犯人だったら、おそらく『冷たい密室と”博士たち”』なんてタイトルにはなりません でしょうし・・・まあ、こういう犯人当ての仕方はフェアじゃない気がしますが、自分はついついやってしまいます^^;(『Fになる』の粗筋で「真賀田四季 博士の死体が発見された」というようなことが書かれていなかったことから、死体が四季博士のものでないと推察したように・・・)

自分はそのようなフェアじゃない方法で犯人像を絞り込みました・・・が、ミステリは犯人が分かったからといって面白くなくなる作品ばかりではありません。
本作も犯人が分かったからといって、面白くなくなるということはありませんでした。

Why done it?

なぜ、そのような犯行に及んだのか?
この疑問符によって、自分は本作を最後まで楽しむことが出来たためです。
ところがその犯行動機もいたってオーソドックスなものあったため、ちょっとばかし残念!と思いました・・・思いましたが、登場人物たちの魅力がそれを補ってくれた感じです。

ともかくも登場人物たちとその会話が苦手だー!という方以外でしたら、本格もののミステリとして十分楽しめる出来ではないかと。
至る所に散りばめられた伏線(それはいかにも!というものや、さりげなく隠されたものまで様々)を探すのも、楽しいと思います。

あとはやはり、もう少し短くなればもっといいような気も個人的にはするのですが・・・犀川助教授は解決に向けて積極的に動く「探偵」ではありませんので、これは難しいかもですね^^;

『冷たい密室と博士たち』

個人的オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆(7/10☆)
個人的満足度:☆☆☆☆☆☆☆(7/10☆)

冷たい密室と博士たち (講談社文庫) Book 冷たい密室と博士たち (講談社文庫)

著者:森 博嗣
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『六番目の小夜子』感想:そして、気付かぬうちに青春は終わる | トップページ | 『殺戮にいたる病』感想:先入観の危うさ(ちょいネタバレあり) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414914/12390590

この記事へのトラックバック一覧です: 『冷たい密室と博士たち』感想:Why done it?(ネタバレあり):

« 『六番目の小夜子』感想:そして、気付かぬうちに青春は終わる | トップページ | 『殺戮にいたる病』感想:先入観の危うさ(ちょいネタバレあり) »