« 2007年9月2日 - 2007年9月8日 | トップページ | 2007年9月16日 - 2007年9月22日 »

2007年9月9日 - 2007年9月15日

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』公開2週目の興収成績は2位!

はーい、また『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』のお話です。

木村拓哉主演の『HERO』の公開がちょー大々的に始まるため、2週連続の1位は無理って思われてた『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
案の定、2週目は1位から落ちちゃったけれど、なんと2位に踏みとどまる健闘ぶり。
80そこらのスクリーン数の作品が1位を取ったことは業界的にも大ニュースだったらしいのだけど、まだ2位に踏みとどまってるのも結構異例のことのよーです。

特に(ジブリを除いた)アニメ作品ってのは、熱烈なファンたちが初日とか公開序盤に大挙して押し寄せてからは急激に興行成績が落ちてからっきし・・・って傾向が多いので、この2位に踏みとどまった『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の健闘ぶりはやはりそこそこの驚きを持って受け止められてるみたいで。

最近はフツーのJPOPとかの購入動向がCDからDL販売に完全に移ろうとしてるけれど、俺みたいなオタクはやっぱコレクター・・・どうしてもCDを、現物を揃えたくなっちゃう。なのでアニソンがオリコンのCD販売ランキング上位・・・例えばTOP10とかにもよく顔を出すようになったけど、2週目には4位から30位に転落・・・なんてことも多い。というかそういう瞬間最大風速的なランキング動向が、オタ向け商品では普通で、一般作品との競合の中で、上位を維持し続けることはかなり難しい・・・。
そんな中、この順位に踏みとどまってるってことは、ほんと驚くことのようで、エヴァヲタの自分としては嬉しい限りでもあるのですわ。

つーかそもそも公開前は、興収1位取るとも思われてなかったですしね・・・。
なんせ全国でたった84スクリーンでの公開ですから・・・。
さらに「今さらエヴァ?しかも作り直した奴?」って雰囲気も少なからずあったし・・・。

ところでスクリーン数と言えば、今週めでたく1位の『HERO』は史上最大規模の475スクリーンでの公開で、土日2日間の興収10億1千万円、観客動員数75万人という好スタートぶり。
対してエヴァは選集の記事にも書いたとおり、全国84スクリーンで公開された9月1、2日日の土日2日間で興収2億8千万円、観客動員は23万人を記録しました。
なんとなんと、1館当たりの興収アベレージでは『HERO』に勝っちゃってます。

映画においては、この上映館数、あるいは上映スクリーン数の差ってのは数字以上に大きくて、単純な比例関係で語ることはできないみたいなのね。
例えば、上映館数100以下なんて作品は、地方だと、自分の県でやってない!やってても遠い県庁所在地で1館だけ!ってこともあるので、多くの人が、見たい・・・けど見に行けないってことになって、興収成績に大幅に悪影響を及ぼすらしいんですわ。

アニメなんかじゃ例えば去年の『時をかける少女』がその最たる例かも。
「見たいけど地元じゃやってねーよヽ(*`Д´)ノ」って人が続出で、結構話題にはなったけど、全国で6館とかしか公開しなかったから興収も2億6千万円に留まりました(´・ω・`)
あまりにも上映館が少ないと、もう見ることを諦めてDVD化とか待っちゃうんですよね・・・。
「今日どこ行こっか?」「あー映画でも見に行くか」ってならない。
上映館数が少ないと、そういう気軽に行けないそもそも選択肢に挙がらないので、興収も・・・っていう。

まあ、ともかく何が言いたいかって言うと、エヴァ最高!ってことです。
まだ見てない人でも、エヴァ好きなら必ず満足できる出来だと思います!
初見だと、やっぱりちょっと評価は下がるかな?
でも「見れる」ものにはなってます。
のでので是非是非オススメします。

以上、今日もエヴァ信者な俺の戯れ言でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序:感想■ヒロインはミサトさん編■

週末土曜にまた2回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を見てきた俺ですおはようございます。
つーかもうバカでしょ?バカですよね?

でも・・・うん、俺、エヴァヲタで、エヴァ信者で、エヴァ厨なとこあるから(´・ω・`)
もう、仕方ないの。仕方ないのです。

で、前にも感想書いたけど、今回もまた感想です。
で、ネタバレ有りですので、ご注意下さい。
で、これも前回の記事の繰り返しになりますが、これはレビューとか批評とか考察みたいなもんじゃあないです。
エヴァヲタな自分の主観バリバリ入りまくり偏りまくりの感想として読んで頂けると幸いです。

======================

ヒロインを、主人公の恋の相手としてでなく、物語上で主人公に重要な影響を与える人と定義すると、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』では、個人的にヒロインはやっぱミサトさんだなぁ・・・って思います。

第三新東京市に来て最初に出会い(綾波の幻影は別の話ということで)、同居生活を送ることになった、直属の上司。
とにかく『序』において、ミサトさんの関わりは大きいですよね。

前の感想にも書いたセントラルドグマでのやりとりとか、クライマックスシーンでの「自分の子どもを信じて下さい。私も初号機パイロットを信じます」とゲンドウに直訴するシーンとか、とにかくシンジくんとの関わりは大きいなって感じです。

そのほかにも、エヴァに乗るのか乗らないのか自分で決めなさいと叱咤したり、エヴァに乗ってくれたことに率直に感謝の言葉を述べるところかも、ミサトさんとシンジくんん関係は、旧TV版、旧劇場版の時より一歩も二歩も進んだ気がしてます。

より、人間らしく。

で、そんなミサトさんが今回の劇場版:序で、シンジくんに対して、よく言う台詞があります。

「あのバカ」って台詞です。

この台詞、何度も劇中に登場しますが、その度に微妙に言い方やニュアンスが違って面白いです。
それぞれ、ミサトさんの感情が良く伝わってくるとてもいい台詞だと思ってます。
中の人・・・三石琴乃さんの好演がとにかく素晴らしくて。
三石さんの好演のおかげで、ミサトさんがとにかく人間味溢れる(・∀・)イイ!!キャラになってる気がします。

物語中盤、色々あったシンジくんが、結局エヴァのパイロットととして第三新東京市に残ったことについて、リツコさんはミサトに「あなたがいたから残ったんじゃないの?」と言いますが、ミサトさんはすぐに、「それは違うわ」「お父さんの側にいて、見て、褒めてもらいたいのよ」と言ってそれを否定します。

けど、やっぱ、ミサトさんの果たした役割も大きかったと思います。

エヴァのパイロットとして残った第一の理由はやっぱしゲンドウの存在なんでしょうけど、シンジくんがエヴァに乗るとの決断を下した背景には、やっぱミサトさんの存在が欠かせないなぁ・・・と。うん、個人的にそう思います。

ほんとなんかもう『序』のミサトさんはステキで・・・
彼女との関わりだけでも、いくつかジーンと来るシーンがあって良かったです。

綾波とはまだ始まったばかり、って感じでしたよね。
TV版では6話で綾波との間縮まったかと思いきや、その後長い間言葉を交わすこともほとんど無く進展無し。
個人的にとても残念だったのですけど、今度の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』ではそこらへんがどうREBUILDされるか楽しみです。

次回新劇場版:破ではアスカも登場しますし、今回大きな役割を果たしたミサトさんも健在ですし、綾波だっています。その上新キャラに真のヒロインwとも言えるカヲルくんまで登場しちゃうみたいなので、もういてもたってもいられません。

次作、『破』では誰が一番活躍するのかなぁって今からwktkしながら期待が膨らんでしょうがないですわー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新劇場版エヴァを終電間際まで見てしまう:その2

俺は何で昨日、9月8日の更新が出来なかったのでしょうか・・・?

はい!答えは深夜終電ギリギリまで新宿で『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を見ていたからですこんばんは俺です。

先週の土曜と全く同じような一日を過ごしてしまった俺です。
午前見て、その後は新宿と山手線沿線をうろうろして、夜に新宿でもっかい見てしまいました。

どちらも劇場は新宿ミラノ座、ミラノ1。
やっぱし大劇場、大スクリーンで一度見てしまうと、他の劇場で見る気が出てこなくなっちゃいます。
大スクリーンでも見るヤシマ作戦は俺的に最高なんス・・・。

ところで昨日8日は、エヴァを鑑賞した人の中から、全国で先着1万名にプレゼントがもらえる日だったんですけど、そのプレゼントはピンズでした。
ゼーレのマークをあしらったこういうのでした↓

Seele00

この画像じゃ大きさがわかりにくいですけど、一辺が2cmの小さいのです。
ホントおまけって感じのものですけど、もらえるとやっぱ嬉しかったです。
劇場で見たうろ覚えなので確かじゃないんですけど、今度の土曜15日、そして日曜日の16日、敬老の日で休みになる17日も先着プレゼントがあったような・・・

って、調べてみたら、15、16、17日は全国の劇場で先着一万名にポストカードがプレゼントされるみたいです。
どんな絵柄だったかなぁ・・・今日ちゃんと見とけばよかったなぁ・・・。
見終わって興奮冷めやらず劇場を後にしてしまったからなぁ・・・。
1枚につき1キャラみたいなポストカードだったかな・・・あー、思い出せない!

思い出せないので、うん、自分は三連ちゃんで行こうかなって思いますw

そういえば、通常映画は¥1800
でも前売りだと安いですよね。

Maeuri00

例えば↑これだと¥1300

でもオタ心が働いて、使うのがなんとなくもったいなくて結局そのままにしちゃう・・・。
そんな人も多そう・・・自分もそうですけどw

けど、そういうときはチケットショップに行けば1300円で買えますんで、じゃんじゃん使っちゃった方がいいかもしれません。
新宿、池袋とかチケットショップ多いですしね。

女性でも学生でも無い、割引サービスを受けにくいフツーの男の人は活用してみるといいと思います。

あ、吉祥寺のバウスでもエヴァがやってて、月曜日に男性1300円になりますよー。
こっちも機会があればオススメです。
ちょっと小さい劇場ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月2日 - 2007年9月8日 | トップページ | 2007年9月16日 - 2007年9月22日 »