« 『秒速5センチメートル』と『時かけ』(1) | トップページ | 『秒速5センチメートル』と『時かけ』(3) »

『秒速5センチメートル』と『時かけ』(2)

1)の続き)俺は『時かけ』が、んもう大好きだから、そういう信者の贔屓目な戯れ言とまず理解してもらった上で言わせてもらうと、『時かけ』は(というか細田守さんは)ポストジブリっつーか宮崎駿の位置に立てるポテンシャルを持った方だと思う。
老若男女かなり広い範囲の人が「見れる」ような映画を作れる人だと思うし、もし万が一、(日テレ主催の日本アカデミーアニメーション賞をとった関係とかで)金曜ロードショーのような地上波ゴールデンで『時かけ』やると、結構な反響を期待できると思う・・・っつーかそうあって欲しい。実際はおそらくNHKBS2あたりでやりそう臭プンプンだけどさ(´・ω・`)

そして新海誠さん。
彼も俺はんもう大好きだから、そういう信者の贔屓(ry
ね?そんなポテンシャルを持った方だと思うのですよ。

ただし!美術監督とか背景を描く人として。

今のままのようなお話では、絶対に老若男女の比較的幅広い層に浸透し、共感を得るようなことはないと思う。
でも今までのようなお話を描いてきたからこそ、自分みたいな新海誠ファンが、新海誠信者が付いたんだと思うワケで・・・ムツカシイよね。

個人的にはねー、うん、新海さんには新たな、もっと違う方向性の作品を作ってもらいたいと思いつつも、もしそうなったら、もうその作品は『ほしのこえ』あたりから付いてきた新海誠ファンが望む作品じゃなくなってしまうのかもしれない・・・悲しいけれど。

今回の作品も従来の新海節な作品だけど、前二作みたいなSF性・ファンタジー性をほとんど排しちゃってるから、作品から受ける印象は、自分の生きてるセカイと重ね合わせて鑑賞することで、より純化されるかもしれない。

「すごい切ないお話だった・・・。・゚・(ノД`)・゚・。」とか
「・・・分かる・・・分かるわ」とか
「なんだ、このキモい男は」とか
「ふーん。それで?」とか
「イライラする話だなぁ」とかとか。

そして俺。
何度も言うように『秒速5センチメートル』大好きなんだけど、この作品に共感し、入れ込んでハマった俺という男は、すっっごおぉく、カッコワルイと思う。

ごめんね。『秒速』好きな皆さん。(続く)

|

« 『秒速5センチメートル』と『時かけ』(1) | トップページ | 『秒速5センチメートル』と『時かけ』(3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414914/6732059

この記事へのトラックバック一覧です: 『秒速5センチメートル』と『時かけ』(2):

« 『秒速5センチメートル』と『時かけ』(1) | トップページ | 『秒速5センチメートル』と『時かけ』(3) »